IDATENは、日本の感染症診療と教育を普及・確立・発展させるために活動している団体です。

メールマガジン『KANSEN JOURNAL』

KANSEN JOURNAL

感染症診療に役立つ情報を
メールマガジンでお届けします!!

配信を希望される方にお届けします!
無料です。
 

 

 
KANSEN JOURNAL KANSEN JOURNAL

配信のお申し込みはこちら

配信をご希望の方は、こちらのフォームよりお申し込みください。

※登録解除は同様のフォームで「配信解除」を選択してください。

※登録させていただくメールアドレスは、本『KANSEN JOURNAL』配信以外の目的では使用いたしません。

投稿規定はこちら

Kansen Journalは1万人を超える読者がおり、日本の感染症診療をリードする先生方による感染症のレビュー、case studyなどが月に1回発行され好評を博しております。
この度、Kansen Journalでは読者の方々からの投稿受付を開始しました。
皆さまの投稿をお待ちしております。

■投稿方法

「kansenjournal@outlook.jp」に所属・氏名・投稿種別を記載し、投稿作品を添付のうえ、メールにて送信してください。
編集委員による査読の上、2ヶ月以内に掲載の可否をメールでお返事いたします。

■投稿種別

1)レビュー
字数制限なし、引用文献数制限なし

参考/成人の感染症の治療期間は “shorter is better” http://www.theidaten.jp/journal_cont/20190305J69-1.htm

2)Case study
字数制限なし、引用文献数制限なし。
投稿について患者さんご自身(または家族)からの同意を得てください。
参考/1週間以上持続する発熱・頭痛・倦怠感と血球減少のため紹介された78歳女性 http://www.theidaten.jp/journal_cont/20181107J66-1.htm

3)Clinical Pictureクイズ
症例提示、症例写真(動画も可)、問題の選択肢(5つ)、解説 の3つを記載する。
それぞれ字数制限なし、引用文献数制限なし。
投稿について患者さんご自身(または家族)からの同意を得てください。

4)その他
形式完全に自由

■利益相反の自己申告

現時点では正式な医学誌ではありませんので、COI申告は必須ではありませんが、以下の日本内科学会の基準を満たす場合には文末にCOI申告をご記載いただくことを推奨いたします。

雇用、役員、顧問職:年間100万円以上
株式やストック・オプションの保有:年間100万円以上の利益、または当該株式全体の5%以上保有
特許使用料:年間100万円以上
謝礼金(講演料等):年間50万円以上
宣伝用資料費(原稿料等):年間50万円以上
研究費:年間500万円以上
その他(研究とは無関係な旅行、贈答品):年間5万円以上

■掲載に関する謝金

ありません。編集長より感謝のメールが送信されます(その価値、プライスレス)。

メールマガジン『KANSEN JOURNAL』とは

■目 的

質の高い臨床感染症の情報を発信することで、わが国の感染症診療の質を向上させること。

■発 行

・ 発行:シーニュ社 編集:IDATEN
・ 希望者に電子メールにて無料で配信。
・ 1〜2か月に1回配信(即時性を必要とする場合は、臨時に配信する)。

■対象となる読者と扱う内容のレベル

・ 主たる読者は臨床感染症に関する知識経験のある医師。
・ 当面は、臨床感染症に関するUp To Dateな知識、質の高い知識の提供を中心に行う。

■企画編集委員会(敬称略)

編集長:忽那 賢志(国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター 国際感染症対策室)

編集委員:
相野田 祐介(日比谷クリニック渡航者外来/東京都立松沢病院感染症科)
石金 正祐(国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター / AMR臨床リファレンスセンター)
伊藤 健太(あいち小児保健医療総合センター 総合診療部総合診療科)
上田 晃弘(日本赤十字社医療センター 感染症科)
大路 剛(神戸大学 感染症内科)
岡本 耕(東京大学 感染症内科)
小野大輔(東邦大学 医学部 微生物・感染症学講座)
具 芳明(国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター)
忽那 賢志(国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター 国際感染症対策室)
日馬 由貴(国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター)
黒田浩一(亀田総合病院 感染症科)
古宮 伸洋(日赤和歌山医療センター 感染症内科部)
土井 朝子(神戸市立医療センター中央市民病院 感染症科/ICT)
藤田 崇宏(独立行政法人国立病院機構北海道がんセンター 感染症内科)
船木 孝則(感染症危機管理専門家養成プログラム)
松尾 貴公(聖路加国際病院 感染症科)
村中 清春(諏訪中央病院 総合診療科・リウマチ膠原病内科・感染症科)
 

編集長より

『KANSEN JOURNAL』 2代目編集長の忽那です。IDATENは、メーリングリストの運営やケースカンファレンスなど、に加えて、2008年より「メールマガジン」というかたちで新たに情報提供を開始しました。

このKansen Journal(通はKJと呼ぶ)は、国内最強の編集委員による感染症の情報発信が特徴であり、まだ感染症の世界に足を踏み入れたばかりの方から、すでに高度の知識と経験をお持ちの方まで、 皆様にご納得いただける内容を目指してお届けしております。

今後も耐性菌の進化に負けないよう 「進化するメルマガ」を目指しておりますので、ぜひご登録ください。

忽那 賢志

KANSEN JOURNAL KANSEN JOURNAL